ダビングコピー革命

このページでは、VHS、8mm(Hi8)、miniDV、ベータなど、各種のビデオテープを自分で簡単にデジタル化できる厳選された9つの方法をご紹介します。市場には多種多様なデジタル化製品が出ていますが、ここではその中から特に代表的で信頼できる製品をピックアップしています。また、ダビング業社についても情報を提供しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

このお店ではVHSのテープをDVDにダビングするサービスをしています。データ化やデジタル化もできます。このお店は東京都台東区で店舗を営業しています。通販でもダビングのサービスをしていて、日本国内でも最大クラスのダビングを専門とする通販のお店です。このお店はこれまでに多くのダビングの仕事をおこなっていて、ダビングサービス部門の賞を3つ受賞したこともあります。受賞した賞の一つは支持率で、その他に品質推奨度やスピード対応の部門でも賞を獲得しています。このお店のサービスの特徴は、6つの安心があることです。利用者も安心してサービスを利用できます。間違いが発生した時には無償で修正をしていることも、この会社でおこなっている6つの安心の一つです。作業をおこなう時間が長くなっても追加料金が発生しないことも、6つの安心の中に含まれています。ダビングをするテープが切断された状態の場合であっても、このお店では無料で修理をしています。このサービスも6つの安心の一つです。無料でサンプルの提供もおこなっていて、注文をした日の即日に納品することも可能です。この会社では国内のほとんど全てのテープに対応することができ、ほとんどのファイルやコーデックを指定することもできます。注文をしてからテープを送るだけで、簡単にテープの内容をDVDにダビングできます。この会社ではVHSテープの他に、8mmやminiDVにも対応しています。ベータの家庭用テープにも対応していて、ベータカムもダビングできます。U-maticなどの業務用として使われていたテープにも対応していて、8mmや16mmのフィルムにも対応できます。このお店ではテープ1本あたり548円の料金からサービスを提供しています。この会社の通販サービスを利用する場合には送料の支払いも必要になり、送料は全国一律で660円です。ダビングの料金が5500円以上の場合には、送料は無料になります。
Tagged on: , VHSビデオテープをデータ化するには?自分でDVD等に変換する方法